特色

九州産業大学 情報科学研究科

feature.jpg




特定専門分野に集中した個別的な研究指導の徹底

情報処理機構教育分野

様々な特性をもつ情報処理方式を探り、高度情報社会を支え、発展させる高性能な情報処理システム・情報機器の基本的メカニズムについて教育研究を行います。(並列プログラミング言語、ネットワークコンピューティング、情報回路、VLSI設計、生命情報、アルゴリズムと計算量、分散システム)

社会情報システム教育研究分野

社会における諸問題の解決に向け、問題を同定しその解決策を情報の側面から具現化するソリューション設計および妥当な情報システムの構築に必要とされる情報基盤技術の革新について教育研究を行います。(ソフトウェア工学、データベースと情報管理、計画システム、情報ネットワーク、衛星通信工学、情報セキュリティ、情報数理、グループウェア)

知能情報教育研究分野

人間の能力を援助し強める情報技術、人間と計算機の境界をより快適にするための知能情報処理やメディア処理について、Information Amplification(計算機支援情報処理)とArtificial Intelligence(人工知能)の立場から教育研究を行います。(コンピュータビジョン、人工現実感、ヒューマンインタフェース、人安全管理、人情報処理システム)



多種多様な進学者に応じた人材育成

情報分野以外の学部教育を受けてきた進学者や企業の技術者、中等初等教育担当者、高等教育機関の教職員などの社会人学生を積極的に受け入れ、高度な専門職業人および研究開発者として各々の分野で活躍できるレベルに達するまで教育を行います。



インターンシップおよびプロジェクト研究の実施

博士前期課程において、企業等の現場に学生を派遣するインターンシップ、あるいは企業等の現場と連携したプロジェクト研究を実施します。これは高度な専門職業人の育成、社会人学生の職業の転換を有効にします。



昼夜開講制と春・秋入学

職業人・社会人学生に対する各授業については、主として平日の夜間(6、7時限)と土曜日の昼間(1時限から5時限)に調整して開講します。ただし、この開講時間帯は必ずしも固定的なものではなく、一般学生、職業人、社会人学生それぞれの特性、事情に合わせて曜日・時限を設定します。さらに、春・秋入学により、社会人学生の経歴、学力に応じた短期修了を容易にします。



講義記録システムとビデオ会議ソフトウェアによる遠隔地受講

情報科学研究科の授業やセミナーは教室での受講を基本としますが、講義記録システム*1とビデオ会議ソフトウェアを使って遠隔地から受講することもできます。また、講義時間に受講できなかった講義も、後で講義記録システムを利用して視聴することができます。遠隔地受講は社会人学生を対象に実施します。





*1 情報科学研究科では、講義の収録からweb配信まで全自動で行う講義記録システムを平成16年の研究科開設時から運用しています。平成22年のシステム更改時に情報科学部のシステムと共通化しました。
Last-modified: 2020-02-07 (金) 15:47:02